グリーン水素

概要

工業規模のグリーン水素製造:当社が提供する、実証された高効率かつ信頼性の高い大規模アルカリ水電解技術は、完全自動化運転が可能であり、グリーン水素事業の総保有コストの低減に貢献します。アルカリ水電解技術の強固な礎となる食塩電解技術において、当社は50年以上にわたる豊富な経験を有し、納入済み設備規模は10GWを超えています。コンパクトに設計された電解槽は、高電流密度での運転と省スペース化を実現します。高い技術力を誇るパートナーと築き上げた世界的なネットワークのもと、当社のアルカリ水電解技術はすでに世界中の多くのお客様に選ばれています。

nca_Web_Cut_29

20MWアルカリ水電解ユニット

当社の標準化された20MWのアルカリ水電解ユニットは、世界の水電解技術のひとつのベンチマークとなっています。標準化された電解ユニットは、最適化された電解の設置面積において、高電流密度での運転を実現します。当社の組み立て式のスキッドマウントモジュール型水素電解ユニットは、容易な輸送、設置および各設備間の接続によって、必要なプラント容量を確保できます。高度にモジュール化されたソリューションによって、数百メガワットからギガワット規模まで経済性をもって生産能力を上げることができ、市場の要請に応える大規模グリーン水素の実現が可能です。

Virtual Tour

 

アプリケーションの範囲

産業

水素は、肥料原料であるアンモニア製造、化学原料としてのメタノール製造、石油精製などに利用されており、今日の産業において必要不可欠な化学品です。

またアンモニアは、将来的に輸送・貯蔵可能なエネルギーキャリアとしての利用が期待されており、再生可能エネルギーを低コストで供給できる国と、水素を必要とするさまざまなエンドユーザー産業を繋ぐ役割を担うことができます。

 

さらに鉄鋼業界では、グリーン水素により鉄鉱石を直接還元する方法が、従来のコークス化プロセスの代替技術として期待されています。

詳細

モビリティ

製油所におけるグリーン水素の利用は、運輸部門で期待されるグリーン・エネルギー利用の一例です。

将来的には、燃料電池自動車や、航空機、内陸船、外航船、大型トラック向けの持続可能な合成燃料(e-fuel)の利用が重要な役割を担うことになるでしょう。

さらにグリーン水素は、乗用車の燃料としても利用されることが期待されています。

詳細

エネルギー

再生可能エネルギーの普及率を高めるには、太陽光発電や風力発電では需給調整が容易ではないため、クリーンかつ制御可能なエネルギーの貯蔵が必要です。

長期貯蔵が可能なエネルギーキャリアである水素は、気象条件に左右されるため、電力市場において均衡した供給が提供されます。安定した供給を行うため、タービンまたは定置型燃料電池を介し、グリーン水素によって電力を製造することが可能です。

 

また、COの排出において、暖房はかなりの排出量を占めます。水素は、産業で使われる熱エネルギーの脱炭素化に寄与するほか、天然ガスの代替として住宅や商業ビルの暖房利用においても重要な役割を果たします。

詳細

サービス

  • 継続的サポート
  • コンサルティング、監査 、リスク分析
  • ベンチマーキング
  • 技術手引き
  • スペアパーツ
  • 高度なスペアパーツソリューション
  • セルエレメント
  • 予防メンテナンス
  • 予測運転
  • データ分析とコンサルティング
  • パフォーマンス分析
  • 包括的サービス
  • 電解セルの改修
  • エレメントのアップグレードおよび改造
  • プロセス改善調査
  • 企業化・経済性検討(フィージビリティスタディ)
  • 技術手引き
  • メンテナンスサービス
  • プラント停止の管理
Scroll to Top

+++ WARNING against unlawful offers of pre-IPO shares +++

thyssenkrupp AG has informed BaFin that individual persons have received pre-IPO offers to purchase shares in its subsidiary thyssenkrupp Uhde Chlorine Engineers / thyssenkrupp nucera from third parties.

 

These offers are unlawful and originate neither from thyssenkrupp AG nor from thyssenkrupp subsidiaries.

 

Further information including the names of the currently known unfair offerors can be found on the BaFin website: EB Finanz, Greenrock Financial (in German).